起承転結

結婚も、仕事も、そして人生も起承転結である。

だが、起、承、転、までは誰にでも簡単にできるが、問題は「」です。

いわゆる最後のツメと置き換えていえば、解りやすいと思う。

「いいとこまで行くんだけど、やはり壊れてしまった」という思いが多ければ、多いほど、ツメが甘いと言わざるをえません。

今回は結婚も、仕事も、そして人生も思い通りになる極意を伝授します。

その成功は、全て”ぴかぴか(新しい)”を貯めた人へのご褒美です。

キスマークは災いの元という諺をご存知でしょうか?

中国四千年の歴史の中に、「医食同源」という思想があります。

健康は全て口キスマークから入り出るものという考え方。

いいこともわるいことも口キスマークを通じて出入するというのは理にかなっています。

医食同源の裏であまり知られていませんが、口キスマークをついて出る言葉こそが、自分の心の全部を映し出す鏡のようなもので、相手に言った言葉が自分に跳ね返ってくるということ。

したがって、言葉で”ぴかぴか(新しい)”を貯めるクセをつけた人間が人生をより豊にするといえます。

それは、人に対して、いいことを言う、喜ぶことを言う一点にあります。

もちろん悪いことを言わなくてはいけないケースもたくさんあります。

だが、その際も相手が「こういう言い方をされるとかえって気持ちが良い」という言葉を見つけることです。

起承転結の結が弱い人間とは、どこか相手を不愉快にさせる言葉のニュアンスが多いものです。。

そればかりか、相手を凹バッド(下向き矢印)ませたり、困らせる言葉を好んで使う人さえいます。

これなどはもう、必ず自分に不幸せを呼び込むようなものです。

ぴかぴか(新しい)”とは、相手の喜びや感謝の念で貯まるポイント。

その最上級は相手を喜ばせる言葉を発する口キスマーク

但し、最も大事なことはため息が、幸せの貯金を全てご破算にするという事。

最後の最後に幸せをスルリと逃がす人は、知らず知らずにため息が多い人です。
posted by venus at 11:02 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。