成功した人は、右脳思考者

自然に脳波がアルファ波状態になって、成功のノウハウを吸収し機能させることができる人は全体の10%です。

潜在意識に効果的にノウハウを浸透させることができたのです。

しかし、残りの90%の人たちは、脳波がベータ状態でしか機能できない為に、ノウハウを学んでも、潜在意識にそれを効率よく浸透させ、血肉にできなかった人です。

血肉にするには非常に時間がかかり、継続できず、挫折してしまったということです。

即ち、それらを効率よく効果的に浸透させるには、脳波がアルファ波状態、つまり、右脳を機能させることができる人であるということです。

マインドとは、いつも使っている=顕在意識と、ほとんど使ってない、眠っている=潜在意識がありますが、その潜在意識まで使っている人が天才や成功者であるということです。

それを使うことにより驚異的能力が発揮できること がわかっています。

いとも簡単に実現するということは驚異的能力が発揮できる仕組を潜在意識は持っているということです。

実は、成功者、天才は、このことを意識しているか無意識にか行っている人だということがわかったのです。

自己イメージの自己革新が出来れば、人は成功者になれます。
posted by venus at 13:41 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。