占い

現在、何によって占うかは実にたくさん有ります。

例えば生年月日・生年月日時間・血液型・名前の画数・手・顔・霊感・ぜい竹・超能力・カード・パホーマンス・祈祷など数え上げれば切りが有りません。

それぞれに欠点が有り、又占う人も正しい基礎がありません。

はっきりこれが正しい占いだと言えるものが無いままに一応人々に承認されているだけです。

そういうものですから、皮肉った言葉で「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と言われているのが現状です。

又この言葉は一種正しいのです。

ほとんどの占師は現に正しく的確に当てれないので「当てる」事に躍起になっいています。

でも、実際はいくらか当てても何の役にも立ちません。それより人に誤った恐怖を与えてしまことが多いのです。

そうした結果として印鑑や祈祷や霊感などの様なものがはびこり不当な金銭を巻き上げるのです。

また、罪無き素人占師や本で読んだ程度の人が知ったかぶりで占いをするものですから益々間違ってしまうのです。
posted by venus at 13:21 | 占い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。